2008年10月21日火曜日

占う前に

先日、占った方に
「占う前に詳しい話はしたほうが良いですか?」と聞かれました。

厳密に言うと聞かせていただいたほうがリーディングしやすいのですが、前提条件が複雑でなければ特に必要ないと思っています。

ただ、恋愛運について占って といわれても、現在、お付き合いしている方がいる場合と、居ない場合、別れたいのか結婚したいのかでも違ってきます。
なるべく占う内容と目的ははっきりしていたほうが判断もしやすいのですが、当てモノ的に考えると細かな事を話さなくても当たって当然。

私的にはあまり細かい事を聞いてしまうと、当たっていても「さっき話したじゃない」となるのは避けたいところなので、必要最低限、条件を振り分けるために何点か確認だけはさせていただいています。

冒頭に書いた質問をされた方は、
占いの結果は良かったのに、細かい事情を話したら占いの結果を覆されてしまったことが数回あったというので、不思議に思われたそうです。

細かい話は省きますが、一般論的に考えたら「それはやめておいたほうが」という話なのですが、カードの結果は「タイミングを計って進め」でした。

他の占い師さんも同じ事を仰ったそうなので、方向性は本人の思うとおりで良いと思うのですが、事情を聞いたところハードルは多そうなので、カードの意味を汲んで幾つかのアドバイスをさせていただきました。
占いの結果が全て正しいとはいえないかもしれませんが、一般的な常識が全て正しいとも限りません。
常識とか、ルールで見えないところを求めて来てくださる方の全てを見通しているわけではないのに一般常識だけを押し付けても、とも思いますし・・・。
それは、占いではなくて人生相談になってしまいます(^^;

私は・・・、占いが好きなので、占い師としてのスタンスを崩すことなく頑張ろうと考えた日でした。
人生を説けるほど生きてないっていうのもありますし(笑)

0 件のコメント: