2017年2月20日月曜日

ヘアドネーション

腰まで伸びてた髪を20年ぶりにショートボブにしました。
2年くらい前に「ヘアドネーション」というものを知って、寄付をしようと決めて伸ばしていました。

知り合いにヘアドネーションをするために伸ばしている、と話したら「社会貢献!!」と感動していただけたのですが、そんなに大層な心構えで伸ばしているわけでもなく、ただ、美容師さんには必ず「健康で綺麗な髪」と褒めてもらえて、それほど手間暇かけなくても綺麗に伸びてくれる髪質なのでせっかくなら寄付しようかな。くらいで…。
後から聞いた話では感動してくれた方は過去に癌で手術と再発・手術をされ、ご自身もウィッグのお世話になったとのことでした。

太さもそこそこあり、変な癖もなく、量も普通の人の倍量あるので、ウィッグになってもきっと長持ちしてくれると思います。

今回、髪の毛を寄付した先は 
NPO法人 JHDAC(Japan Hair Dnation & Charity)
http://www.jhdac.org

もともと長めにしているので伸ばすこと自体の苦はありませんが、それでも腰まで伸びるとさすがにもてあまし気味で、年が明けたら切ろうと思っていましたが・・・。
1月は仕事が忙しく、2月は担当の美容師さんとなかなかスケジュールが合わずでずるずるとしているうちに我慢の限界が来てしまい、お店を臨時休業にして切りに行ってきました。

ドネーション賛同美容室ではないお店ですが、ドネーション用のカットもお願いできるか担当の美容師さんに聞いたところ快諾してくださり、この1年あまり、ドネーションのためのスタイルづくりに協力してもらっていました。

髪を束に分けて結び、カットしていきます。
なるべく細かく分けてほしいとお願いして6分割。
一番短い部分で約35cm、
一番長い部分で43cmありました。



重さは全部で600gちょっと。
枝毛もなく、綺麗に伸ばせていたので満足。

ドネーション用のカットをするのも手間暇も時間も余分にかかる上に撮影までお願いしてしまいました。

カットだけでは申し訳ないので、ヘッドスパも一緒にお願いしてきました。

束ねてから切ろうとすると一気には切れないようで、「鋏を研いでおいたんだけど、切れないですね~」と言いながらも、担当さんは嬉しそうに切ってくれたので、一安心。
並べた髪の毛の画像を撮ってました(笑)

そして本日は会う人会う人、いろんな表情をしてくれます(笑)
占いをお仕事にしてからずっとロングだったので、私もまだ見慣れません。

首元もスースーします。

白髪でも染めていても寄付はできるので、また伸ばして機会を見てドネーションしようと思います。

ヘアドネーションについての詳細 NPO法人JHDAC https://www.jhdac.org/
協力していただいた美容院 BUENOSKARIN 1Fスターブル
http://buenoskarin.new-resort.net/
担当:加藤さん

0 件のコメント: