2011年3月20日日曜日

東北加油 中華街

改めて今回の東北関東大震災で被害にあわれた皆様にお見舞いを申し上げるとともに、一日も早い復興をお祈り申し上げます。

福島第一原発の状況も予断を許さず、余震も続く中ではありますが、復興に向けたニュースとともに中華街も徐々に落ち着きを取り戻しつつあります。

震災後の1週間は閉店している飲食店も多く人も歩いていない日がほとんどでした。
連休中ですら平日よりも少ないくらいでした。

そんな中、3月20日に「媽祖祭」がありました。

媽祖様は人々を天災や疫病から守る女神様です。
爆竹と中国楽器が鳴り響き、獅子舞が出て、千里眼将軍と順風耳将軍に先導されて媽祖様のお渡りがありました。
今回は東北支援を前面に押し出し、千里眼将軍と順風耳将軍が「東北加油(東北がんばれ)」というタスキをかけ、募金を募っていました。

通常、お渡りがある時は関帝廟通りは身動きできないほど人で溢れるのですが、今回は画像のようにガラガラでした。

中華街も関内も最初から計画停電に含まれておらず、飲食店も物販店も営業しています。
買占め騒動の最中も食べるものはちゃんとあるのに、お客様が少なすぎて食品を廃棄せねばならずとても勿体ない状況でした。
関内に行く途中のコンビニやスーパーを見て、食品が全くないのがむしろ不思議でした。
被害もほとんど出ていないので安心してお越しください。

*********************************************
話は変わって。
被災地への様々な支援が広がるなかで、まず必要なものは「物資」。
そしてもう少しすると「人」が加わり、そして長期にわたる「お金」での支援が必要になっていくと思います。

被害のなかった私たちができることは経済を動かし、活力を生み出し、長期的展望に立ってそれぞれが無理のない範囲で支援を続けていくことだと思います。

私がクリスマスパーティーに出演させていただいている『新横浜フレンチレストラン HANZOYA』では、東北支援のためにすごい企画をしています。
3月17日(木)~4月17日(日)までの間、11:30~14:00のランチタイムの売上金を今回の東北関東大震災、被災者への義捐金として横浜市市民局を通じて寄付するとのことです。
どうぞこの機会にHANZOYAさんへ足を運んでいただければと思います。
詳細はこちら

**********************************************
営業時間について

【龍占堂 中華街本店】

これまで通り 11時~17時で営業しております。
最終受付は16時30分となります。
尚、不在の場合がありますのでお問合わせ・ご予約は
080-5680-2220までお願いします。

【For you 関内・龍占堂別館】
18時~23時までの営業時間を若干繰り上げています。
関内での鑑定は、21時頃までにご連絡をお願いします。
**********************************************

0 件のコメント: