2018年6月7日木曜日

新しい暦

今年に入ってから、萬年暦の痛みが目立ってきたので、ブッカーで補強しながら気をつけて使っていたのですが、背表紙もふにゃふにゃになってしまい、崩壊しそうなのと、よく使うページは破れてしまって、気を使いながら使っていました。
文字もかすれてしまったところがあり、覚えている部分もあるとはいえ、間違えたりしても怖いなぁと思いながら使うのは非常に使い勝手が悪くいので、新しい萬年暦を台湾から取り寄せました。

諸々の日取りを調べるのに使う台湾の「通書」も必要になったので、一緒に来年のものを購入しました。

思ったより到着までの日数がかかったので、「荷物が届かない~!」と問い合わせたら、ちゃんと国際小包の追跡番号を教えてくれて、無事受け取れました。

そして久しぶりに中日・日中辞典を出してきました。
暦をひくだけなら辞書はいらないんですが、暦の中にある解説でちょっと気になるものを見つけてしまったので、真面目に読んでみようと思います。

メールやウェブならウェブ翻訳を使ってしまえばいいのですが、紙ベースだとやっぱり書いたり辞書を引いたりするほうが結局頭に入るので、面倒ですがちょっとがんばります。

古い暦は8年使っていました。よく耐えてくれたと思います。

国内で流通している日本人が出版したやたらと高価な萬年暦も持っているんですが、使いづらいので、なにか補足的に調べたり、確認したい時以外は結局こちらを使います。
またボロボロになっても困るので今回は2冊購入しました。
これまで必要なときは自宅に持って帰ったりしていましたが、1冊は自宅用兼予備になります。

本当は台湾とか香港に行って買いたいのですが、台湾が吉にはいるのはだいぶ先になります。次の暦は直接買い付けに行くかもしれませんね。




2018年5月24日木曜日

6月のスケジュール/パワハラ・モラハラ・セクハラ



GWは長すぎたお陰で、大混乱することもなく落ち着いて鑑定ができました。
GW開けてからは5月だからか、新入社員に限らずお仕事関係の相談が多くありました。
いわゆるモラハラ・パワハラ・セクハラですね。

本人が原因を作っている場合もあれば、問題のある人がいて被害を受けていることもあります。
お誕生日で見るとその人の資質が、カードで見ると物事の動きが見れるので大抵その両方を使って判断をしていきます。
どちらかに問題がある場合もあれば、一方の問題の場合もあります。
どんな答えが出るかは見てみないとわからないのですが、厳しい結果が出た場合でも受け止めて自分の現実を変えようと努力する人は、やはり開運していきます。
私のお客様は比較的、素直にアドバイスを取り入れて徐々に落ち着いて行く方が多いので、問題が解決した後も長いおつきあいになります。

お客様のそうした変化を感じられるのは私としてはとても嬉しく、頑張っている人は私も素直に応援したいと思います。

どんな世界にいても誰ともかかわらずに生きていくことができない以上、どこかで他者とのバランスを取らなければならないのですが、その人がどんなものを持っていて、どのような評価を得て、何をしてきたか。自己評価はどこにあるか。
タロットで見るとそうした細かな動きを鑑定することができます。

占いの結果と本人の意思も確認し、その方向で進めるようにアドバイスをしています。
望んでいる答えがだけが出るわけではないのですが、現状を変えたいと思う方の後押しはできる限りしていきたいと思っています。

さて、6月は今の所、イレギュラーはありません。
ただ、中旬頃まで予約を入れてくださっているお客様もいらっしゃいます。
GWの間も、それ以降も予約無しでいらっしゃって空振りしているお客様がたくさんいらっしゃいます。必ずご予約の上お越しください。





2018年4月21日土曜日

5月のスケジュール

最近、お客様から不動産のご相談が立て続けにありました。
何年か通ってきているお客様の中で、お店をやめたい人と始めたい人、両方から相談を受ける場合があります。
細かい条件等はおいておいて、成立しそうな案件があればご紹介はしていますのでお問い合わせください。

さて、間もなくGW。
今年はちょっと長いですね。
ここまで長いと大混乱する年と比較的穏やかな年と分かれるので、どうなることやら。
私的には、連休は3日位までで十分ですが。

さて、4月末からのスケジュールです。
※「予約のみ」の日は、予約のある時間のみ店舗にいます。
※当日のご予約は、お時間に余裕を持ってお問い合わせください。
※鑑定中は席を立っての対応ができませんので、必ずご予約の上お越しください。

早々に予約が入っているお時間もあります。
鑑定をご希望の方はお早めにご予約ください。
-------------------------------------------------
4/26(木) 都合により終日お休み致します。
4/28(土) 通常通り
4/29(祝)・30(振) 11時~17時 ※予約のみ
5/1(火)・2(水) 通常通り
5/3(祝)~5(祝) 11時~17時 ※予約のみ
※前日までに予約の場合は21時まで鑑定可能です。
5/6(日) 11時~17時 ※予約のみ

2018年3月26日月曜日

4月のスケジュール

確定申告が終わってほっとしたと思ったらもう月末。あっという間ですね。
1か月前にはバイカル湖上にいたのかと思うと、もうそんな時間が経ったのかとびっくりしました。
いまだバイカル湖の熱は冷めていないのと、来年もバイカル湖が吉方位に入っているので、行かれるなら行きたいなと思っています。
直行便も出るので、価格的にも時間的にも今よりずっと行きやすくなるので視野に入れておこうと思います。

4月は毎年初旬が少し暇になります。
みなさん、新年度が始まって歓迎会や新体制が落ち着くまでは慌ただしいのでしょうね。
この時期は私も少しのんびりさせてもらっています。
少し時間的に余裕が出てくるとあれこれやりたいことも出てきて、いつも時間の兼ね合いで迷うのですが、たまには仕事以外のことをプラスしても良いかなぁという気になっています。

さて、4月は下旬からGW突入です。
この時期、遠方からのお客様も増えますのでいらっしゃるばあいはお早めにお問い合わせください。
尚、日曜・祝祭日は前日までにご予約をお願いしています。
当日、店舗にいる時にご連絡があり、空き時間があれば鑑定可能ですが、お断りをする場合がございますのでご了承ください。

さて、4月のスケジュールです。
---------------------------------------------
4/26(木) 終日お休みいたします。
4/28(土) 通常通り営業します。
4/29(日)・30(祝) 11時~17時 前日までにご予約ください。
上記は暫定的なスケジュールになりますので、鑑定をご希望の場合はお問い合わせください。

2018年3月19日月曜日

2018方位取りーバイカル湖

2/25~3/3までいただいたお休みでバイカル湖に行ってきました。

数年前にWEBでバイカル湖の氷の画像を見かけてからずーっと行きたかったのが、ようやく吉方位になり行ってきました。
2016年末のウラジオストクへの旅は、本当はバイカル湖に行こうとしていました。
が、日本の旅行会社のツアーは締め切りで申し込めず、自力で行こうといろいろ調べましたが、英語のホームページすらない、あっても中途半端なものだったりで調べきれず断念。そしてバイカル湖の氷のベストシーズンが2月末~3月初旬だというのが分かって、一番近いウラジオストクに変更しました。

出発前も帰国後もとにかくバタバタで、特に帰国後は鑑定書を作るご依頼や通信鑑定も含めて毎日あわただしく、そして確定申告もありで、先週末までの2週間、息つく暇もない勢いでした。

世界一の透明度を誇るバイカル湖。
冬の最も寒い時期には凍って膨張した氷が割れ、日本でいうところの”御神渡り”が見られます。また、流氷のように割れた氷が湖岸に打ち寄せて人の背丈以上の山になります。
それらがバイカル湖に浮かぶオリホン島周辺で見ることができます。

このオリホン島はチンギス・ハーンに迫害されて逃げてきた、モンゴルのシャーマンの聖地でもあり、仏教思想が根付いている場所です。
日本人のルーツともいわれています。
それもあってバイカル湖に行くならオリホン島に泊まりたい、と最初からさがしていたところ、現地のツアー会社が到着日に空港でピックアップしてくれるというので、申し込みました。

気温は最低ー23℃、最高ー9℃。
寒くて体調崩すより、しっかりと防寒対策をしようと考え、CANADA GOOSEのジャケット、NANGAのダウンパンツ、SORELのスノーブーツ、帽子に手袋、マフラー、インナーにも薄いダウンや風を通さないパンツ、アンダーウェアも可能な限り温かいもの、と選んだおかげで風邪もひかず帰ってこれました。

画像よりも実物はもっと迫力があって、圧倒されます。
いたるところに祈りをささげる色とりどりの布が巻かれた樹や、杭がありここが祈りの地であることを思いださせます。
綺麗なだけでなく、畏敬の念が沸き上がる場所でした。

今回の旅は、エコノミーでとっていた飛行機がビジネスになり、イルクーツクで宿泊したホテルはシングルでブッキングしていたのに、「ホテルからプレゼントです」とチェックインで言われ、広すぎるくらいのダブルになりました。

オリホン島の宿も、同じツアーの中で別の宿に泊まった人の話を聞くと当たりのほうでしたし、バストイレはシェアです。と言われていましたが、私の宿泊したロッジは私一人しかいない日もあり、占有でした。
最後に羽田でロストバゲージになり、スーツケースに化粧品一式を入れていたため、自宅に予備のなかった化粧品は保険ですべて新品になりました。
ただ、ロストバゲージといっても帰国日の夜遅くには羽田に着いていて、翌日の夜には自宅に宅配してもらえたので、かえって楽だったかもしれません。

現地ツアーで一緒になった人たちともメールでやり取りが続いていて、またどこかで会えるといいなと思います。

今年の夏からは直行便も飛ぶので費用的にも安くなると思います。
興味のある方はぜひ、吉方位に入ったら行ってみてください。
私もまた行きたいです。

来月のスケジュールはまた後日!
以下、バイカル湖の画像です。