2012年9月22日土曜日

開運指南

お客様から「開運方法を教えてください」といわれる事があります。

「これをしたら運がよくなりますよ」と、前置きして話していないだけで鑑定の中に織り交ぜていますよ。(笑)とお返事します。
「○○を持ちなさい」といってグッズを売ればもっとらしくて良いのでしょうけれど(笑)
占い師らしくない返事なので、お付き合いが短い方にはびっくりされることもあります。
どんな良い手法を教えても本人の琴線に触れなければ意味がありませんので、鑑定の内容からくみ取ってほしいとも思います。

敢えて開運方法と大声で言わないのは、「○○だけでOK!」的に一人歩きしてほしくないからです。
これをこうして、ということを安易に教えれば「○○なんだって」的に広まって、いつのまにか意図しない方向で「こうなんですよね」と返ってきます。

それぞれ職業も生活スタイルも違い、個性も違います。
考え方も違えば思想・信条も違います。
人によりできることは限られます。

金運を上げたいという方は多いですが、金運と一言で言っても、経営者なのか、サラリーマンなのかでも違いますよね。

基本的には開運方法というのは本人の運を底上げするものだと考えています。
欲しいと思う運を強化するものであって、一度何かをしたり買ったりするだけで莫大な財が手に入るなんてことは・・・(笑)

開運方法にも様々なものがあります。
でも、先に挙げたような「これをしたらあっという間!」というものは、少なくとも私が知る限りありませんし、お金を出して買うものでもないですね(笑)

実践的な開運方法となれば地道な努力も必要としますし、制約もかかります。決して安上がりではありません。

特に気学など実行してから効果が出るまで、年単位を必要とするものもあります。
私自身も方位取りを目的とした旅行はしますが、即効性という意味ではまったく期待していません。

そうした理を理解し、信頼関係を築いているお客様には中長期的な視点と本人の努力できる幅にあわせての開運指南の資料を作ってお渡しすることもありますし、様々な方法を教える場合もありますが、誰にでも何にでもお勧めするようなことはしていません。

やみくもに開運方法を実践すれば良いというわけでもないので、開運方法「以前」が必要な方には、やはり鑑定の中で色々とお話しをしていきます。
段階的を追っていかなければ、どこかで無理が出たり、無茶になってしまう事もあります。
一足飛びでその時だけ良くなるようなものは、不安定さも内包します。
そうならないようにまず基礎を作り、ある程度理解を得て初めて色々な手法をお勧めしています。
開運方法って何を聞いたっけ?という方、もう一度鑑定の中身を思い出してみてくださいね。(笑)

私自身もよく「方位取り」と書いていますが、日々地道に準備しています。
また、突発的に行く時は用事があって行動していて、行く場所が吉方位でスケジュールの都合がつけば方位取りとして利用する場合もあります。
年に1回か2回年の最大吉方位を取る時だけ、綿密に準備してスケジュールを空けていくようにしています。

ということで、今年の最大吉方位取りを10月にしてまいります。
10月18日(木)~21日(日)はお休みさせていただきます。

0 件のコメント: