2009年4月17日金曜日

金紙

月に2回、決まった日に関羽様と媽祖様にお参りに行きます。
お線香を捧げて身を清めてから廟内に入りひざまづいてお参りします。
その時に金紙を捧げています。
金紙 表面
金紙はお線香と一緒に求める事もできるのですが、タロットの鑑定をしている「龍」でも扱っているので予め準備をして持っていきます。
画像の金紙は封筒のようになっていて中に普通の金紙が入っています。
廟で求めることができるものは金紙が束になっているものです。

金紙 裏面
裏面には住所・氏名・生年月日・願意などを書き込むことができます。金紙によって書く内容が違っていたり、書く欄があったりなかったりします。
今回のものは使用方法などが細かく書いてあります。中国語でこと細かに書いてあるので、辞書を片手にしばらく悩みました。

お参りした後、金亭と呼ばれるところで紙を燃やして神様に届けます。
中国の方などは燃やしながら何かお願い事を呟いている方も多いですね。

ちなみにおみくじを引いても内容が良くない場合は一緒に燃やしていきなさい。と廟内で案内をしている方から薦められます。今まで2回ほど燃やしました(笑)

金紙はお願い事がある時、または願いが叶ったときに使うものと説明があるのですが、私は中華街でお仕事をさせていただいている事への感謝の気持ちとして捧げています。

関帝廟 http://www.yokohama-kanteibyo.com/
媽祖廟 http://www.yokohama-masobyo.jp/

◆鑑定予定
4月18日(土) 12:00頃~20:00
4月19日(日)、25日(土)、26日(日)
原則 土曜日 10:30~20:00 日曜日 10:30~19:00
祝祭日 10:30~19:00頃まで
連休等の場合は、最終日以外は20:00までとなります。

鑑定場所 横浜中華街「龍」
上記以外の日程をご希望の方は、個人鑑定をお申込ください。

0 件のコメント: